お話しサロン

118248  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

t対人トラブル 「内なる発達障害」の視点
投稿者/品川博二さん
投稿日/2024年2月9日(金)23:14 [れす]


明日の基礎講座  対人トラブル、「内なる発達障害」の視点からは、ちょっと過激な理論かも。私たちのほとんどが、何らかの発達障害を抱えており、それを目立たなくしているのが(修正しているのが、)スープラ(上位の)なセルフ・モニタリングシステムだという理解。つまり、私たちの「内側」には、しっかり発達障害が潜んでおり、日常ではセルフ・モニタリングシステムがコントロールしている。でも、なんらかの事態で、そのシステムがきのうしなくなる情報が対人トラブルと言う理解。間違っても発「達障害の傾向がある人が、対人トラブルになる」のではない。問題は、自己の発症の傾向を認識していないと、そのセルフ・モニタリングの機能も劣化しており、結果、対人トラブルが起こりやすくなるということだ。対人トラブルとはセルフ・コントロールの不良である前に、セルフ・モニタリングの不足である。明日は、ぜひ、これを勉強してほしい。あなたは他者から困らされていることが多いだろうが、あなたの言動が他者を困らせている危険性も空くないのだ。

夢分析入門講座
投稿者/品川博二さん
投稿日/2024年1月30日(火)14:01 [れす]


2月4日(日)10〜12時 入門講座 夢分析入門 
皆さん、夢分析と聞くと、「眉唾もの」とお思いですか?認知行動療法を中心とする現代の臨床心理学では、あまり取り上げないテーマになっています。しかしながら、率直に申し上げますと、夢分析は確かにサイエンスには成りにくいのですが、臨床心理のアートとしては、侮り難いテーマなのです。事実、講師の品川は、何度もこの夢分析で大きなヒントを得ています。つまり「臨床に使える!」のです。今回の入門講座では、夢分析を「使いこなす」には道遠しですが、夢分析を通して、人間の心の不思議について、再認識する機会になればと思います。
皆さんのご参加をお待ちしています。


シェアリングについて思うこと
投稿者/冬の朝さん
投稿日/2024年1月26日(金)07:55 [れす]


発言によって明らかにする。
俯瞰することを互いにサポートし、洞察が磨かれてゆく。
相手とのシェアリングはそんなことの連続だ。

1月20日東京講演会
投稿者/品川博二さん
投稿日/2024年1月17日(水)12:25 [れす]


今週末1月20日(土)10時〜16時 東京飯田橋の都立中央・城北職業能力開発センター(人材育成プラザ)で、協会の無料公開講座が開催される。
新型コロナウイルス禍で、長らく自重を強いられてきた対面研修が、ようやく再開される運びとなった。当日は、「さび落とし」の行動形成法から開始されるが、講師の最大の狙いは、その後の講演会に有る。
 講演会は「対人ストレスの心理学」という、大きな括りのテーマだが、そのサブタイトルの「私の内なる発達障害(精神発達症)の視点から検討する」が肝である。発達障害の心理は、@中枢結合性の障害、A「心の理論」の障害、B行動能動性の障害 の3つの視点から理解されると言われている。
 結論から述べれば、これら発達障害の3つの視点と行動形成法の理解は、まさに通底しているとの講師の見解が、今回の講演の論点となるのだ。
 講師は、毎月約100件のセッションを行っているが、その多くは、狭義の診断名にこだわらず、発達障害(精神発達症)の影響下にあると言っても過言ではない。むしろ、対人トラブルや対人ストレスの背景には発達障害の因子を無視して語ることは出来ないのである。それは、同時に、「発達障害ぽい患者が多い」という外の現象ではなく、援助者としての自身の中にも「発達障害ぽさ」を認めるのである。その意味で「私の内なる発達障害」という視点から、行動形成法を見直してみる機会になればと思う。


2024年 大阪公開講座
投稿者/協会事務局さん
投稿日/2024年1月15日(月)00:09 [れす]


日時:2024年 2月24日(土)
@ 10〜12時 「ケア従事者のための集団認知行動療法」
  *演劇空間での心理的表現療法の体験(初心者は見学でも可)。
A 13〜16時 特別講演「ケア従事者の為の、対人ストレス心理学」
場所: コミュニティプラザ平野(大阪市立平野区民センター)
    大阪市平野区長吉出戸5-3-58 谷町線出戸駅徒歩6分
 (長居公園通/府道179号 経由)
対象: 協会会員および一般ケア従事者
参加費:無料
締切:2024年2月20日(火)、定員に達し次第、締め切ります。
申し込み:E-mail: npojcca2020@gmail.com
   メールにてお申し込みください(氏名、業種、連絡先)。受講可能な方に
は、ご案内の返信を差し上げます。
   
特定非営利活動法人 日本ケア・カウンセリング協会事務局   



2024年 名古屋公開講座
投稿者/協会事務局さん
投稿日/2024年1月15日(月)00:04 [れす]


日時:2024年 2月23日(金)祭日
@ 9〜11時「初心者のための集団認知行動療法」
  *演劇空間での、心理的表現療法の体験です。
A 12〜14時 特別講演「ケア従事者の為の、対人ストレス心理学」
場所: ミッドタウンクリニック(会議室)
名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 名駅JPタワー名古屋5階
対象: 協会会員および一般ケア従事者
参加費:無料
締切:2024年2月20日(火)、定員に達し次第、締め切ります。
申し込み:E-mail: npojcca2020@gmail.com
   メールにてお申し込みください(氏名、業種、連絡先を記入)。受講可能
な方には、ご返信を差し上げます。
   
特定非営利活動法人 日本ケア・カウンセリング協会事務局   



年頭に思うこと!
投稿者/品川博二さん
投稿日/2024年1月3日(水)23:35 [れす]


2024年は、元旦から北陸の地震津波の災害から始まった。それに続き、2日には、羽田空港で救援物資を積んだ海上保安庁の機とJALの接触事故が起こった。幸い乗客には犠牲者が出なかったものの、海保の職員4名が命を落としました。天変地異と予期せぬ事故に、私たちはどのような「物語」で臨んでゆくべきだろうか?
この年頭に、あるターミナルケアの医師の論文を読ませていただいた。彼は、終末期の患者の前で、治療者は「doingできず、beingするのみ」と告白されていた。その謙虚で真摯な姿勢に私は深く感じるものがあった。私たちは困難な時は、じたばたするのでなく、ただ、静かに相手に寄り添う覚悟が必要か?
昨年の総会テーマ「自己肯定感」のエッセンスとは、問題解決のやりくりの心理テクニックではなく、自己が「生かされてある」との自己覚知であると、私は理解している(ご心配をおかけしましたが、総会は委任状が定数を満たし、成立しています)。
2024年は、改めて行動形成法を中心に、治療原理doingよりケアの原理beingに向かって、新たな歩みに踏み出したいと思います。


委任状のお詫びとお願い
投稿者/事務局さん
投稿日/2023年11月16日(木)22:27 [れす]


会員の皆様

申し訳ありません。一部の方のケア・カウンセリング通信に、総会委任状が欠落していました。もし総会に参加されない会員様には、事務局までメールにて委任状を送信ください。重ねておわびします。

@議長委任:議長に委任します 〇山〇子
A指定委任:***様に委任します。 〇山〇子

よろしくお願いします。
新春講演会の情報
投稿者/事務局さん
投稿日/2023年11月16日(木)22:41


皆さん

お待たせしました。来春から、対面研修が始まります。
1月20日(土)に行動形成法と講演会です。
詳しくは、総会後の広報でお知らせします。
なお、総会・ピレゼミ参加者は¥8000の参加費が無料となります。
委任状をメールされた方も、抽選で無料ご招待です。
総会成立??
投稿者/会員さん
投稿日/2024年1月2日(火)20:13


 事務局の方にお伺いいたします。
 委任状は集まったのでしょうか??
 報告のないまま新年を迎え
 今年のいえ今後の協会はどうなるのかと思っています。

 

<< No title >>
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2024年1月2日(火)03:10 [れす]


新年早々大変な事が発生し、能登半島を中心とした日本海側にお住いの皆様方にはお見舞い申し上げます。

元旦の夕方からテレビで避難を呼びかける放送を見ていましたが、しきりに「東日本大震災を思い出してください!」という語気を強めた言葉を何度も聞き、胸が苦しくなっている私が居ます。
思い出しています。・・・東日本大震災発生後の事を…

当時、私は岩手県立病院の看護師でした。
内陸の精神科病院に勤務していましたが、一定期間が過ぎた頃、男性総看護師長から「当院の看護師は交代で全員、大船渡病院(地域の基幹病院)に応援勤務してもらう。」と発表されました。
私は大船渡生まれで出身高校は陸前高田市の高田高校です。勤務先の病棟で思わず「私にも行けっていうのね」と言ってしまいましたが、この言葉に反応して何か返してくれる人は居ませんでした、私は電子カルテのメール機能を使って病棟の女性看護師長に「知っている人が運ばれてくるかもしれず、もしかしたら手や足がない状態かもしれません。まして、大船渡よりも惨状が酷い陸前高田を通らないと大船渡には行けません。私には平常心で仕事する自信なんかありません。せめて、陸前高田市と大船渡市出身の看護師は応援勤務を免除して頂きたいと思います。」と訴えました。
これを病棟看護師長は伝えてくれたのだと思いますが、その後、「応援勤務が負担な方は申し出て下さい」と職員に伝えられました。
私はホッとすると同時に『精神科の看護師のトップが、職員の精神衛生に気を配れないのか!』と、非常にがっかりし、落ち込みに拍車がかかったのを思い出します。
又、ある時に同僚の看護師から話されたのは「○○さんが(ある看護師から)あんだも(あなたも)県立の看護師だべっちゃ」と、もっとテキパキ働かなければいけないというような事を言われて傷ついているという話でした。

災害地域の看護師の皆様、お疲れ様です。
災害発生直後の今の時期は「ハネムーン期」と言って、みんなが助け合わなければ!と気持ちを一つにして頑張っている時期です。
でも人間は生身の体!!  必ず疲れが生じます。身体の疲れは感じやすいですが心の疲れは気付きにくく、知らず知らずのうちに疲れがたまって身辺の状況が一段落した後に一気に襲ってきます。
今は年始勤務で人数が少ない中、ライフラインの寸断で病院に駆けつけられない職員もいらっしゃる事と思います。それと同時にショックが大きすぎて仕事できない看護師の方もいらっしゃるのではないか?と思っています。
災害に遭われている事実は同様でも、心の状態は一人一人違います。
どうぞ
病院に駆けつけられない方は、ご自分を責めないでください。
又、病院で懸命に頑張っておられる方は、大変なご苦労だと思いますが、駆けつけられない方を責めないでください。(責めるのは、コロナ過における「自粛警察」と同じような事だと思います。)
そして
医療関係者の皆様、長期戦です!  皆さんで休憩・休息を取りながら、栄養・水分をしっかり補給しながら乗り切って頂きたいと切に願っております。トンネルは暗くても必ず出口はあります。頑張っている方々に頑張ってくださいとは言いません。人間関係を保ちながら長期戦を乗り切って下さい。
(涙が出てきます)

ワークシェアリングって
投稿者/冬の夜空さん
投稿日/2023年12月6日(水)22:48 [れす]


 この人気になる、なぜこの人の言葉に痛みを感じるの?ということが場面を変え、人を変えやって来る。毎日ではないが、途切れずに。
 それは過去の未解決の問題場面につながっている。一体いくつあるんだろう?と思うほど。そんな壁にぶつかった時、人に話してみる。すると、私一人では辿り着けなかった視点に出会える。それがシェアリングというものらしい。
取り組んでみようかなと思える自分になれると自己肯定感も上がる気がする。


☆書き込みを削除したい時は、□をチェックして削除用パスを入れて削除ボタンを押して下さい [訪問者用]
☆管理人用を選んでパスワードを入れ、削除する書き込みを選んで削除ボタンを押して下さい。 [管理人用]


Script by CGIサービス
いるかBBSはレンタルできます。
[ホームページ] [管理人 → 事務局]
いるかBBS - ver.HighClass_mini 1.6(4.97) ○タグ