お話しサロン

019976  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

私発!被災者の今、情報 86
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2018年9月9日(日)02:02 [れす]


北海道でも震度7の直下型地震が起きてしまいました。
被災された方々にお見舞い申し上げ、不幸にして亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。

かつて、私が住んでいる地域で「岩手・宮城内陸地震」がありましたが、今回の地震は、この時の様相と非常に良く似ています。
岩手県は、その名の通り、「岩で出来たような土地」が殆どなので地盤が硬いのですが、それでも、現地で被災した方は「山が揺れるのを見た」と話したと言います。(確か、震度7までは行かなかったと記憶しています。)
今回は台風被害も被っていて、更に火山培土の土地ということなので、被害の大きさは想像を絶します。
土砂崩れで堆積した土砂の厚さも、相当なものだと思います。・・・生き埋めになっておられる方もいらっしゃる事でしょう… 一日も早く見つかる事をお祈りいたします。

北海道では、だいぶ電気が復旧したと伝えられていますが、電力不足で、東北電力からも応援しているという報道を聞きました。
北海道内での節電が呼びかけられていますが、私たちも出来る範囲で節電に心がけ、いくらかでも東北電力を通じて北海道の皆様の復興に役立つことを願います。
現在の収入が少なくて、大きな募金は出来ませんが、各スーパーに、いち早く設置される「おつり募金」には積極的に協力したいと思っています。

東日本大震災の後「復興庁」が出来ました・・・正直言って、最初はひどかった!
復興予算が付いた所までは良かったのですが、その使い道!・・・「今」、困窮している被災者には「必要な時」に届いたでしょうか?
まぁ、あちこちで派手に使いまくられた事も伝わってましたよね。あまりにも腹立たしくて、私は、拙著「続・心の復興の記録 −東日本大震災体験後の今」の中に「復興予算の使い道! こんなになめられきってどうすんのよ! 日本政府!」「使っている人達に言いたい! 何がひいては被災者のためですか! 今、今、この時! 喫緊の支援が必要なんですよ!」と書きました。

東日本大震災後、大船渡の両親を一関市の我が家で1ヶ月避難生活(自主避難)させましたが、国の支援の枠には当てはまらなかったので、支援物資の提供を含めて一切、支援を受けることが出来ませんでした。父親が錯乱状態になったので、大船渡に連れて行ったりもしましたが、一関〜大船渡間に高速道路が走っている訳ではないので、「道路料金減額」の事は「蚊帳の外」の話でした。
この経験から言わせて頂きたいのは、「自主避難している(させている)方々」へ、「一時金」等の形で支援金を支給して欲しいという事です。
復興庁は、責任を持ってこの事に取り組んで頂きたい!
高田高校時代の私の同級生で、「くぎこ屋」(陸前高田被災地語り部)の釘子 明さんは、「震災直後からの生活資金として10万円が一時金として必要だった」と試算しています。
是非、この情報を役立ててほしいと切に願います。

北海道の皆様、共に頑張りましょう。

今週末の北海道研修を中止します
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年9月6日(木)14:42 [れす]


北海道エリア支部の皆さん

その後の情報から検討して、今回の研修は無理と判断しました。
残念ですが天変地異にはかないません。いろいろ準備もあるので、
ここは早めの判断をします。

交通機関も止まっていますが、土日に受講生さんが来てしまう可能性も
あります。恐れ入りますが、支部の皆さんで、開講時間に各会場で暫時待機し、
中止をお知らせください。

代表理事 品川博二


私発!被災者の今、情報 85 〜私のDMN〜
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2018年8月25日(土)19:29 [れす]


今週のシナダスは「デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)って何?」という題名です。(前回の配信「チコちゃんに叱られる?」は、読む前に間違って削除してしまったらしく、連動させて理解することができないので残念ですが…)

・「ボーっと生きている時の脳」は「認識活動している時の脳」の95%が活動している。
・通常の脳の対象認識活動に対してDMNは(無自覚な)「自己対象化活動」を行っているらしい?
・DMNが過剰だと、自己にとらわれ決断が出来ない症状を示すという。

東日本大震災津波発生から9月11日で7年半を迎えます。
今までの軌跡(震災ショックからの回復の軌跡)を辿ってみると、何も手につかない大ショック(睡眠中でさえ、震災に関係した自分自身の夢を何度も見る状態 → 自分で意識しようと思っている訳ではないのに、脳が勝手に(無意識に)そうなる=DMN全開状態?)
寝ても覚めても自己にとらわれていて、勤務中であれば、「通常の脳の対象認識活動」状態になっていなければならない筈なのに、高田高校が解体される頃には悲しみに押しつぶされそうになって、(勤務中なのに)トイレに入って泣いてしまったという、私の行動に繋がったのだと振り返っています。

今日の私は、仕事が休みなので美容院に行く予定を立てていました。
別件の用事を済ませた後、美容院に向かったら、何と!臨時休業〜…(泣)→ 家に戻って、思いがけず「ボーっとした時間」を過ごすことになったのです。

先週の月曜日、BSで「フォレスタ(コーラスグループ)」の歌を聴いていたら「城ケ島の雨」を歌っていました。
この曲は、高校の音楽の教科書に載っていたのですが、授業の時、先生が出だしをピアノで弾き始めて、途中まで行ったら「君達が歌うのは無理だな」と言って、辞めてしまったのです。私は「いつか歌ってやる!」な〜んて、反発を感じていたという思い出があります。
月曜日以降、何となく気になって「城ケ島の雨」が頭から離れません。特に「利休ネズミの雨が降る」という歌詞が気になっていたので「利休ネズミ」を調べてみました。
そうしたら・・・「利休ネズミ」とは、「緑色がかったねずみ色=灰色」の事!
ある光景と繋がりました!
高田高校音楽部に入部した時、校舎の端にあった音楽室と体育館(津波被害で校舎に乗っかった体育館)の間(=私のパート練習場所)で歌っていたのが、女声合唱組曲「蝶」の中の「灰色の雨」!
ボーっとしている状態の時に「利休ネズミ」が気になって頭から離れなかった訳が分かったような気がします。

・「ボーっと生きている」にも意味が有りそうなのだ! → 病気にならないように「通常の脳」とのバランスが重要ですけどね♪



気になるぅ・・・第2弾〜「城ケ島の雨」〜(勝手な解釈)
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2018年9月2日(日)06:31


毎週月曜日に放送しているBS日本・こころの歌で、2回連続して「城ケ島の雨」を聴きました。
1回目は女声。2回目は男声。・・・それぞれ、趣きがあります。

作者の北原白秋は、城ケ島の地形・風景にのせて作ったようですが、自身の「痛い経験」も垣間見えるような、何とも言えない艶っぽさが人々の心を引きつけて、大正時代から歌い継がれているのかなぁ…と思ったりします。
前回の投稿では、「利休鼠の雨が降る」という歌詞が気になっていて、今回は「舟はゆくゆく、通り矢のはなを。濡れて帆あげた主の舟」という部分です。
と、ここで・・・(勝手な解釈)
この歌は、「城ケ島」に単身赴任していた「主(ぬし)=あなた」と、道ならぬ恋におちてしまった女性側の心情…
「利休鼠の雨が降る」の次は「雨は真珠か、夜明けの霧か、それとも私の忍び泣き?」と続きます。
緑がかった灰色の雨でも、降り続く雨をじっと見ていると、時々キラっと光ります。→ これが「真珠」 
「夜明けの霧か」→ 雨はザーザー降りではなく、周囲の山々の緑色と相まって「利休鼠」に煙る霧雨だという事が分かります。

場面は、単身赴任を終え、渡し舟に乗って城ケ島を離れる「主」と見送る女性。
「通り矢」というのは、「真っ直ぐ」の例え。(矢が貫くように、スパーン!と真っ直ぐ。)
「はな」・・・白秋が住んでいた地域では、岬の先端のような所を「はな」と言っていたらしいですが、私の解釈は「花道}

霧雨に濡れながら「帆上げた(出世した)主(あなた)」を乗せた舟は進んで行く・・・「城ケ島への単身赴任は出世の登竜門」…女性は『報われない』と分かりつつ主を支えてきた…

この切なさを吹っ切るかのように曲調が変わって「ふ〜ね〜は行く行く〜」となるのです。
そして舟の船頭さんは、櫓(ろ)で舵取りをしながら、「心意気を持った唄」で、「主(ぬし)」を無事に出世街道まで導いてくれる → このように思う事で、女性は、やっと自分自身を保つことができる。→これも切ない・・・曲の最後で、最初の曲調に戻り、この「切なさ」を表現しているのだと思います。

「平成」がもう少しで終わろうとしている今、「大正ロマン」を感じますねぇ…

結愛ちゃんに思う
投稿者/同じ目に合わせたいさん
投稿日/2018年8月25日(土)17:22 [れす]


全国津々浦々に届いた結愛ちゃんの叫びは、実の母親には何故届かなかったのか。

結愛ちゃんが受けていたのと全く同じ虐待を、全く同じ数だけその両親に与えたい。
自分のしたことの重さを本当に理解し、責任をとるには、それしかないのではないだろうか。(ケアカウンセリング的にはそうではないと、頭でわかっていても、心ではそう思ってしまう)


結愛ちゃんが、もう二度と…一日たりともその人間と関わらずにすむことが、せめてもの救い。

あの義父と同じになってしまう!
投稿者/ケア・カウンセラー志望さん
投稿日/2018年8月31日(金)11:48


同じ目に遇わせてやりたい!お気持ちは痛いほど分かります。私にも同じ年頃の孫がいます。あの結愛ちゃんの作文を読んで夜中に涙が止まりませんでした。しかし、あの義父もまた、自分の親に虐待を、受けたに違いありません!だからこそ、あんな酷い行いを仕出かしてしまうのだと思います。かって自分が受けた虐待を、「取り戻す」為に、「躾」の名目で虐待を行ったと思います。


今週のシナダス 「チコちゃんに叱られる」
投稿者/ぼーっと生きてる人さん
投稿日/2018年8月13日(月)23:35 [れす]


今週のシナダスで、品川先生が「チコちゃんに叱られる」について簡単に言及されていますが、「あの番組の魅力は、DMNが問題解決の現実プロセスに回帰する戦慄にある」という説明が分かりません。なんだかスゴイことを先生はおっしゃっているらしいのですが、私にはなんじゃらほいです!品川先生じゃなくて、誰か教えてください!
チンプンカンプン??
投稿者/ぼーっと生きてる人ーtwoさん
投稿日/2018年8月17日(金)05:09


ぼーっと生きてる人さん、誰も分からないようですね?そういう私も分かりません。
先生のは説明ではなく問題提起なのかな。
だから説明を受けましょう。
ぼーっと生きていて困らないことじゃん!
投稿者/私もぼーっとしてますさん
投稿日/2018年8月17日(金)22:25


「チコちゃんに叱られる」というクイズ番組で叱られる問題って、「ボーっと生きている」ことで別に困らないことばかりだよね。つまり、私たちの脳ミソは、現実に生きてゆくのに困らないことは、ボーっとしているんじゃないかな?そこの油断を、チコちゃんに追及されて、大人が困るのがあの番組の面白さなんだよね!
私もボーッと生きていたい!
投稿者/マリーさん
投稿日/2018年8月18日(土)11:26


デフォルトモード
←やらなきゃいけないのにやってない。
←昨日と同じ今日、今日と同じ明日を繰り返し生活。
チコちゃんは私達の中にいる、ちょっと疑問に思う事を解決する事で、『とりあえずやってみたら?』の気持ちを呼び起こしているのだと思いました。

銃口を向ける存在
投稿者/先日はじめて受講しました☆さん
投稿日/2018年7月14日(土)12:35 [れす]


わたしと子どもたちは、ある面で偏りのある夫と長い間生活していました。
もう何年も前の、子どもたちが幼かった頃のできごとを語らせてください。
長女は感受性豊かで多感な子でした。父親の「不機嫌」の影響を一番受けていました。父親の「不機嫌」は原因もルールもなく突然はじまります。彼の「不機嫌」によって私たちは瞬時に存在も何もかも全否定されたような気持に追い込まれます。(彼がどういうつもりだったというのはこの場合、周りの者にはわかり得ない話です。後付けでどういうつもりと説明されたってそれは同じことなのです)一緒に暮らす者にとっては最たる恐怖でした。
ある時、わたしと子ども達だけで外食に行ったときのこと。案内されたテーブルが高かったので、幼児用の座イスを使おうと次女が座ると、ブーブーと音のなる子ども用イスでした。次女はそれが気に入って何度もブーブーとやって喜びました。すると、隣のテーブルにいた家族の父親が「…うるせーな!」とこちらまで聞こえるように言い出しました。その苛立った男性の声に即座に反応したのが長女です。半ばパニック状態で「〇〇(妹)うるさい!うるさいっ!」と妹を激しく責めたてはじめたのです。
このとき長女はまだ5歳。周囲を気づかって妹を静かにさせようとしたのではなく、男性の声で条件反射のスイッチが入ったのです。はからずもそれは父親の「不機嫌」に直面した時と同じ条件下でした。
普段の生活の中で、父親の機嫌を損なうことは長女にとっての命の危機にも匹敵するものです。彼女は、銃(比喩表現です)を持つ父よりも、銃口を向けられる対象を自分から遠ざけようとすることで父親に適応する保身術を身につけてしまっていたのでした。
このとき、長女にとって苦手なXさんは、父親の不機嫌を誘発しているかのようにみえた妹。妹が自分の近くにいたせいで自分側に銃口を向けられたのです。
あらかじめ「こんな振る舞いをすれば怒られるかもしれない!見下され存在否定されるかも!あぶない!だから息の根をとめてしまえ」という内なる銃口を自分側に向けておけば、現実世界で父親から銃口を向けられる可能性を減らせる。
夫によって、子どものまっさらな心の中に、弱者への憎悪のタネが撒かれてしまっていたことに気がついて愕然とした一件でした。

ちなみに。長女の条件反射について父親は「長女はオレの気持ちを考える子で、オレに気をつかおうと頑張ってる健気で素直な子」と表現しています。悪意の根源って陳腐なものだなぁと悲しくなります。
はっと、ドキッと。
投稿者/マリーさん
投稿日/2018年8月11日(土)08:08


先日はじめて受講しました☆様。
投稿を拝見して、ドキッとしています。
私は子供達には出来る限り対話で自分の気持ちを伝えるように、話しをしています。そして、行動するには理由があるのだと、説明しています。なので、ちょっとクドイです。しかし、毎回ではないので、時には怒鳴る事もあります。
最近保育園で、私の口調でお友達に注意しているようで 、先生には優等生と言われていますが…実際は、行動が抑圧されているのかな?と。
私も銃口を向けているのかな?

<< No title >>
投稿者/各駅さん
投稿日/2018年8月7日(火)14:48 [れす]


先の日程わかるならのせてほしえです。

カジノより学校にエアコンを!
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2018年7月22日(日)07:10 [れす]


連日の猛暑日続き! 連日、熱中症による死者が出て昨年までの夏とは全く違う、災害に匹敵する暑さです。
私が住んでいる地域は、全国的に見ればまだいい方なのですが、気温が28度くらいでも空気そのものは、息が詰まるような「よどみ」を感じます。

職場の建物は老朽化していてエアコンは一部にしかなく、入居者を居室から涼しい場所に移動させて、私たちは「灼熱地獄」と言える環境で働いています。
午前中、汗だくになって昼に着替え、午後にも汗だくになって帰りに着替える状況です。一勤務でに500mlのペットボトル2本ずつの水分を取りながら働いていましたが、この状況が3日続いた夕方、私は意識が遠のくような感覚になり、翌日からはOS-1を追加して飲みながら仕事しています。

西日本の豪雨に見舞われた被災地の方々は、どれ程、大変な思いをなさっていることか・・・

こんな中、自民党の「お偉いさん方」は、「エアコンの効いた部屋」で乾杯なさっていたんでしょうねぇ…きっと。
長田町の一部は、いつも涼しいんでしょうねぇ。(世間一般とはかけ離れている=ずれている)→ 「今」、一番議論して決めなければならないのは、カジノ法案のことじゃないでしょうよ・・・どう考えたって… と、国民の大多数は思っているのでは?

国会では、「カジノより学校にエアコンを!」等と書いた垂れ幕を3名の議員が掲げて、この方々は懲罰に掛けられるそうですが、こうでもしないと、国民の声が「長田町という視界が悪い所(雲の上?雲の中?煙にまかれた所?)」に届かないということでしょう?…って私は思いますよ。
日本が「独裁国家」になっていくようで、怖いですね。

千葉ケア・カウンセリング講座
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年7月18日(水)09:38 [れす]


千葉ケア・カウンセリング講座は、ケア従事者を始め広くケア・カウンセリングに関心をお持ちの方々を対象に毎月定期的に開催しています。
毎月のテーマに、後半は必ず行動形成法のセッションが組まれていて、この講座だけでケア・カウンセラーの必要単位が取得できます。
皆様のお出でをお待ちいたします。

<スケジュール> 毎月(金)10時〜17時
7月20日  セクハラの心理学/深層構造
8月17日  ケア従事者の為の夢分析入門
9月21日  ケアハラの構造/親子関係病理
10月19日 「コミ障」対人態度の心理学
11月16日 がん心理リハビリテーション試論
12月14日 認知症の心理と行動
*構成的集団認知行動療法演習(15時〜17時)
*日程変更の可能性もあります


苦手なXさんとは何ものか?!
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年7月9日(月)23:05 [れす]


私たちの誰もが「苦手なXさん」を抱えている。出来ることなら、そのXさんとは同じ場面を共有したくない。その者が何故、苦手なXさんなのかと問われても、きっとうまく説明できない。「虫が好かない」「馬が合わない」などと曖昧な言い訳を言う時もあるし、何とか排除する理由をこじつけることもあろう。
しかし、私は知っている、これらの理由が実は合理的がある訳ではないことを!
そう、苦手なXさんの正体は、なんと自分自身の内側に潜んでいるらしいのだ。私を苦しめる苦手なXさんは、それを具象化する者でしかない。相手と話し合う機会を得れば、何と自分の被害妄想を思い知らせられるのである。しかし、その時点では、しばしば、私たちは苦手なXさんを排除する行動を取ってしまっている場合が少なくない。もし、自分が苦手なXさんを排除できる優位なポジションを利用したとすれば、人生最後の場面で、必ず後悔することになるだろう。苦手なXさんとは「生きられなかった、もう一人の自分」なのだから!

 7月15日(日)10時〜16日 「がんばれ!子供村」(池袋) 飛び入り歓迎!
苦手なXさんとは?
投稿者/まだ、入会したての会員ですさん
投稿日/2018年7月10日(火)09:52


苦手なXさんとは「生きられなかった、もう一人の自分」というフレーズに惹かれます!なんだかドキドキします。私の職場にも、私が苦手とするXさんが居るからです。彼女と同じ職場に居ること自体がストレスです。声を聴くのも顔を観るのも嫌です。でも、彼女はそこそこに仕事は出来るし、他のナースの評判も悪くありません。ではなんで彼女を嫌うのか、そこが一番の問題ですが、ここまで書き込んでいて、その理由を知りたくない自分が居るのがわかります!ギャー、彼女は私の「もう一人の自分」なんですかね!
苦手なXさんとは?
投稿者/勿忘草さん
投稿日/2018年7月10日(火)20:39


苦手なXさんとは、たぶん、私の人生の最大の「敵」ですね。できれば外に発見したいのですが、この協会に「入信」してしまったので、自分の中にさがすのですね。
あ〜めんどくさい((+_+))
結局は、自分自身との「人間関係」なんだね
投稿者/浦島花子さん
投稿日/2018年7月11日(水)18:42


結構、私はこの協会とも長いお付き合いになりました。最近はなかなか研修にも行けず、ちょっと品川先生のお顔を忘れそうです(先生、まだ髪はご顕在ですか?)。
 で、思うけど、この苦手なXさんは以前から繰り返し語られてきたテーマなんだよね。なんどか研修に出た時は、分かった気がしてたけど、最近はますます自分自身が謎が深まったかな。でもジタバタしても、後ん十年で私も定年だし、そろそろ自分のあり方を、自分で整理できなくてはと思うようになった。勿忘草様が「めんどくさい」とつぶやかれたことも、私も理解できます。でも、やるっきゃないしょ!
品川先生、まだ、まだお元気でいてくださいよ!グーたら会員がいまっせ((+_+))
私の苦手なXさんは夫です
投稿者/ダリアさん
投稿日/2018年7月12日(木)23:54


 私の苦手なXさんは夫です。長年連れ添ってきましたが、今では愛情などこれっぽちもありません。彼と同じ空間で息を吸うのも嫌です。私の人生の最大の失敗は、この男と結婚してしまったことです。
 でも、何と言うことでしょう!二人の子供の存在は、私の生涯の宝です。しかし、すでに彼らも独立して家庭を持っています。彼らの為に、離婚しないで耐えています。一日でも早く夫にお迎えが来ることを、励みに毎日を生きているのです。
皆さん、ごめんなさい。こんな見苦しい書き込みをしました。ケア・カウンセリングを一度でも学んだ私ですが、何とも惨めな日々を送っています。
根深い怨みですね!
投稿者/肉屋でダイコンさん
投稿日/2018年7月13日(金)08:32


 昨夜、ダリアさんの書き込みを読んで、久しぶりに書き込んでみます。私の失敗の体験から言うと、この手の「ご主人さん」は、そこそこの夫ですが、あなたの怨みを担えるほどの悪人ではありません。ダリアさんは、夫に過剰な役割を負いかぶせているのでは?多分、あなたは彼と日常での問題をそれこそシェアリングしていないでしょう。話し合って現実的な「落し処」を発見する前から、「諦めている」からです。すると、あなたの「被害妄想」(ごめんなさい!)は、訂正されることなく、どんどん私のウエストの様に肥大化するのです。
 ダリアさんの怨みの深さの書き込みに、かっての私自身を思い出し、何年ぶりかで書き込みしました。私の一方的な思い込みをお許しください。



☆書き込みを削除したい時は、□をチェックして削除用パスを入れて削除ボタンを押して下さい [訪問者用]
☆管理人用を選んでパスワードを入れ、削除する書き込みを選んで削除ボタンを押して下さい。 [管理人用]


Script by CGIサービス
いるかBBSはレンタルできます。
[ホームページ] [管理人 → 事務局]
いるかBBS - ver.HighClass_mini 1.6(4.97) ○タグ