お話しサロン

036852  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

仙台研修中止のお知らせ
投稿者/仙台支部さん
投稿日/2020年2月26日(水)21:43 [れす]


2月29日(土)に開催予定でした、「人間関係やり直し講座」は新型コロナウイルス肺炎感染拡大に伴い、中止と致します。お申し込みいただいた皆様、大変申し訳ありませんでした。
今後予定されている研修について、より楽しく、より学べるように、心がけて参ります。


シェアリング講座に参加して
投稿者/美味しいものはシェアしてさん
投稿日/2020年2月24日(月)23:20 [れす]


子ども村のシェアリング講座に参加しました。普段のセミナーでも先生はよく「隣の人とシェアリングしてください。」とおっしゃるので、正直、気楽な気持ちで臨みました。

“シェアリング”のやり方は1人の人が司会者に促され、数分で「私の苦手なXさん」を話します(お題はその時によって違います)。話した内容について、残りの人たちが1人ずつ感じたことをコメントしていきます。話した人はそのコメントしてくれた人の中から、もう少し話を続けたいと思う人を直感的に1人選び、理由を伝えます。それをローテーションして全員が同じ体験をしました。コメントはいろんな感じ方から発せられるもので、良い悪いではなく、話し手はその感想から思わぬ気づきがあるとのことでした。

2セッションやったのですが、1セッション目は「自分と他者との間で感情が行き違った体験」で私は仕事の話をしました。コメントしてくれた人の言葉の中に、私の仕事への本音を引き出す言葉があり、無自覚にも私はその言葉に反応して自分の仕事への能動性を立ち上がらせることができたのでした。
ただ、2セッション目はそうでもなかったのです。「私の苦手なXさん」についてだったのですが、先生にも指摘されましたが、私の話し方が下手で、なぜ私が嫌な思いをしたのかというニュアンスをうまく説明できず、事象は伝えられても私の意図まで伝えきれませんでした。そうすると、どこか話に距離ができてしまったような気がして、それなりに進行は進むけれど、自分の中でもしっくりこなかったのです。
自分のことをうまく言語化できず、人から質問されると自分のことなのに答えられない自分がいました。自分というものがわかっているようでわかっていない。なぜ、自分のことなのに説明できないのか?
頭で思っているより、実は自分のことを把握できていないのかもしれない。セルフモニタリングが甘いということに気づかされました。自分のことは自信を持ってわかっていたつもりだったのですが、想定外の角度から質問されると答えられなかったのです。私は自分が認識している範囲しかモニタリングできていないのです。
今日も脳をフル回転させてのセミナーでしたが、まずは今日のことを言語化することから始めてみようと思いました。


素敵な書き込みありがとうございます!!
投稿者/マリーさん
投稿日/2020年2月26日(水)21:42


あなた様の書き込みを読んで、「わかるなぁ。私も、自分の事なのに伝えられないことがあるなぁ」と。。。思った次第でした。なかなか自分を見つめる(言語化する)機会って見つけられないものですものね。

仙台研修中止のお知らせ
投稿者/仙台支部さん
投稿日/2020年2月26日(水)21:36 [れす]


2月29日(土)に開催予定でした、「人間関係やり直し講座」は新型コロナウイルス肺炎感染拡大に伴い、中止と致します。お申し込みいただいた皆様、大変申し訳ありませんでした。
今後予定されている研修について、より楽しく、より学べるように、心がけて参ります。


東北エリア 盛岡3月1日研修中止のお知らせ
投稿者/盛岡支部さん
投稿日/2020年2月26日(水)19:42 [れす]


3月1日(日)岩手県公会堂で予定されていました研修、
「私の内なる発達障害!」行動形成セッション付〜は新型肺炎感染の影響を考慮し、中止することとなりました。
参加を予定されていた方、ギリギリのお知らせで申し訳ありません。


次回は安心して参加できる状況になることを祈ります。
皆さんも免疫力をあげて乗り切りましょう。

北海道エリアから、3月の研修中止のお知らせ
投稿者/北海道エリアさん
投稿日/2020年2月26日(水)16:21 [れす]


お話サロンをご覧の皆様、こんにちは。
3月5〜8日で札幌市内において研修を予定しておりましたが、研修を全て中止することとなりました。
新型コロナウイルス肺炎の感染拡大の不安が広がる中、研修を自粛した方が良いと判断したからです。
参加を予定されていた方、本当に申し訳ありません。
5月に予定している研修は無事開催でき多くの方に参加していただけるよう引き続き活動していきます。
今後ともよろしくお願いいたします。


シナダス読みました。
投稿者/Dさん
投稿日/2020年2月11日(火)03:09 [れす]


いつも楽しくメルマガ拝見しております。
今回、カウンセラーさんは、40分を悲しみの傾聴に時間を費やした。とありました。私が、最近うつ状態や統合失調症、定義できませんが、不安が強いかたなどと関わる機会が多くなり、彼らの不安や訴えをきちんと受け止めきれていないなぁとこのメルマガを読んで反省してます。。。
一人に関わる時間が少ない中でも、彼らに安心を持ってもらい、なおかつ本来行ってほしいこと(私の場合はリハビリになります) にも取り組んでもらうにはどうしたら良いでしょうか??
利用者さんからは、「話を聞いてもらえるだけで良いんだ」、「まだまだ話したいけど、これ(運動)もやんなくちゃね」、「ここに来て皆と話すと落ち着く」、「ここに来るのは楽しいけど、また独りに戻るのは寂しい」と話をいただいてます。
今のところ、状態によって変動しますが、比率は傾聴:リハビリは6:4くらいです。
<< No title >>
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年2月13日(木)04:46


D様、投稿ありがとうございます。
私も今、リハビリが中心の仕事に関わっているので、他人事ではない感覚で拝読しました。

利用者さんのお言葉に注目してみると、リハビリには彼らなりに真摯に取り組んでいる様子が感じられるのですが、「取り組んでもらうにはどうしたら良いでしょうか??」ということは、「彼らが(D様の計画通りに)取り組んでいない」ということなのではないか?と、感じた私です。

JCCAの研修で度々出てくるフレーズ「今、ここで」の相手との関係が頭をよぎります。
一人当たりのリハビリ時間はどの程度か分かりませんが、「今」というのは、そのリハビリ時間全てではありません。「相手と向き合っている今」その一瞬というものの連続の中で、傾聴:リハビリの比率が6:4ということですよね。

もし、これが5:5だったらどうでしょうか?
以下、私の妄想話になりますが・・・
6:4では、利用者さんが優位な状況! この関係を「対等な関係にする」ということは、利用者さんにとっては(特に精神疾患を抱えた方には)「一世一代の重大な変化」とも言えるものではないか?と思います。
おそらく
利用者さんは、どこまでも(限りなく)自分の話を聞いてほしいのです。たった1割、その時間が減らされることで、もしかしたら「今までよく話を聞いてくれる良い人」だったD様が「あの人は駄目な人」とレッテルを貼られるかもしれません。(投稿の中にある利用者様は、それほどひどい精神疾患には思えませんが……私がかつて勤務していた精神神経科病院(女子急性期病棟)での経験を踏まえると、このような理屈になります。)
そうならないようにする為に
まず訓練計画そのものの中に、最初から傾聴時間を含めること。(やっていらっしゃるかもしれませんが…)→ このことによって、D様が抱いている訓練の進み具合が後退するかもしれませんが、『いいじゃないですか、全く行ってもらえないより』って考えるのです。(ある意味、「諦め許す」ですかねぇ…) 何よりリハビリは継続することが大事です。
そして、この事を実行するにあたっては、「各利用者さんに説明して、お話を聞ける時間は〇分くらいですと伝える」、「リハビリを始める前に話をするか、リハビリの後に話をするか、希望をうかがって取り決めをしておく」という方法はいかがでしょう?
もし、取り決めた後でD様に「駄目な人」とレッテルを貼ったとしても、関わり続けていくうちに人間としての本質は相手に必ず伝わります。
頑張ってください。
<< No title >>
投稿者/沈丁花は匂いの花さん
投稿日/2020年2月14日(金)21:15


Ⅾ様、私も以前は精神科外来でリハビリを行っていました。現在は精神科病院の病棟で働いています。
リハビリのお仕事をしていた時、担当していた女性メンバーさんとの面談でこれからの地域での生活をどうしていくかを話していたら、「○○さん、急ぎすぎ〜」と言われました。
こちらの熱い気持ちがメンバーさんには少し強い勢いだったようです。「いい加減」を見つけるのは難しいと思う出来事でした。
難しいですよね
投稿者/ゆうさん
投稿日/2020年2月17日(月)21:59


Dさんに伝えたいことがあると気付いているのに、良い言葉がなかなか整理がつきませんでした。(私は理学療法士です)
患者さんはDさんのアプローチを認めていますよね。だから、Dさんも患者さんのその時の頑張りを認めてあげれば良いと思います。安心したり、穏やかな気持ちになるだけで、患者さんのパフォーマンスは良くなりますよ。セラピストが考えたプログラムはセラピストの都合で考えていますよね。その時によって、患者さんの都合も変わりますから…。

夏の靴、やめました
投稿者/千葉梅子さん
投稿日/2020年2月17日(月)12:58 [れす]


私もワークショップに参加しました。冬になっても夏の靴をはいていて寒い、というのが中くらいの池です。提供者にはなりませんでしたが帰りのバス内でお見送りをしてくださつた茨城支部の皆さんに応えながら、先日買った冬の靴が履けそうな気がしてきて
お隣のMさんに話してみました。そして、できたらサロンに投稿すると

Mさん、出来たよ

<< No title >>
投稿者/隣のM(みよ)さん
投稿日/2020年2月17日(月)13:56


梅子さん、
 投稿読みました!
 新しい靴を履いた、梅子さんの気分が私にも伝わってくるような文面に、波動を感じています。

 「もう長年になるけれど、行動形成法はやり続けてきたわね」という梅子さんの言葉に、新米の私は、心惹かれるものを感じています。
 梅子さんは、新しい靴でさっそうと歩いていき、それを見送る私に新鮮な風を送ってくれています。私の中の何かが変わろうとしているのを感じます。

鵜の岬ワークショップに参加しました
投稿者/茨木花子さん
投稿日/2020年2月16日(日)23:19 [れす]


 いまとても感激しています。最初はワークショップという形式にちょっと緊張しましたが、行動形成法の面白がなんとなく分かってきました。
 品川先生が「誰でもが夜空の星の美しさに感動できるけど、その星について天文学で説明するのは、とても大変だ」とおっしゃっていました。私も、科学的に行動形成法を説明はできませんが、ともかく、人間の心の不思議を扱えるスゴイグループ療法だという事は分かります。
でも、頭はすごくつかれました。おやすみなさい!

最近考えたこと
投稿者/ミモザの季節さん
投稿日/2020年2月14日(金)21:26 [れす]


ある職員がとても気になっています。仮にXさんとしましょう。Xさんはお話がとても上手な人で、話し方は面白く、かつ思ったことをはっきり言う人です。それは、いいことであろうと、きつい内容のことであろうと、自分の意見は歯に衣着せぬ(多少は着せているかもです)物言いで、周囲の職員の受け取り方は様々です。また情報通でもあります。お話し好きのXさんですから、病院内のことは本当によく知っています。
Xさんとはまあまあ仲が良い私はその発言にひやひやしたり、大笑いしたり、仕事のことに関しては尊敬できるような考え方を持っていて、また実践もしているので話をすることが楽しいのです。

私は現在の病棟に異動する前でもXさんと働いていたのですが、その時はそんなに話すことはなく、寧ろ「嫌い」と思ったこともありました。
何故かと言うと、立ち入った質問をしてくるところがあるからです。

Xさんも現在の病棟に異動になり、再び一緒に働くようになりました。異動してくる前は「いやだなあ」と思っていましたが、やはり楽しいのです、話していると。
「でもなんでこの人に惹かれるんだろう?」と思いました。
答えは明白です。Xさんと私の決定的に違うところは、Xさんははっきりと意見を言うことです。しかも物怖じせずにです。そして誰とでも差しさわりのない会話を楽しむことができる人です。
私は自分が言いたいことがあっても、自信がなくなかなか口にすることはできません。言った後に「これでよかったのかな」「どう思われてるかな」など、いつも気にしてしまいます。

はっきりと言いたいことを言うXさんですから敵も多く、XさんがいないところではXさんに対して耳を塞ぎたくなるような会話も聞こえてくることもあります。

他人の言動を批判する時は、その現象を見聞きして、想像を膨らませることが多々あるように思うのですが、その言動の背景を見ずして、「不安の外在化」をしているのでは?と思いまいした。

何故この人はこう言うのだろう?と引っかかりを覚えたことを流さずに検討してみる。さらにはその人と第三者とのかかわりを観察することも必要です。それが自分を知ることにつながるヒントになると思いました。つまり他者の言動は宝の山なのです。

他者の言動に疑問あるいは関心を持つということは、自らを問う、内的コミュニケーションを持つことになります。
様々な対人関係における過去の経験(他者とのギャップ)を言語化し、未来に向けて修正していくことが対人トラブルを乗り越え、肯定的相互性を得ることになるのではと思いました。

Xさんは自分の意見ははっきりと述べる、思ったことははっきり口にするといった明快な人ですが、“こう言えばこうなる”“なぜそうなるのか”という検討することについてはあまり関心がないようです。広く他者を受け入れかかわることは得意ですが、情報量が多い分、内的コミュニケーションは苦手な様子です。
一方私は他者とのかかわりが少ない分、検討するチャンネルは少ないのですが、自己と対話することが多いことに気がつきました。

人はそれぞれコミュニケーションのあり方が違います。それを踏まえた上で人と接することが大切ですが、時間をかけて観察し、見極めていく中で人間関係を構築させていくということが、Xさんを通して学んだことです。


ケア・カウンセラー更新のお問合せ
投稿者/事務局さん
投稿日/2020年1月28日(火)11:55 [れす]


はらぺこあおむし様ほか皆様

ケア・カウンセラーの登録は2年ごとの更新があります。ただ、ご多忙の為に、更新手続きをお忘れの方もいらっしゃいます。一定の時間が過ぎますと、再受験の必要の場合もあります。更新のうっかりミスには、品川代表からは「柔軟な対応をさしあげるように」指示をいただいております。
1、会員の滞納がない。
2、総会に参加している
以上の方は、追加の補習参加で、ほぼ更新が認められる見込みです。
その他の方も、めげずにお問合せください。出来るだけ、善処させていただきます(個々のご事情にお応えするのに時間を要します)。
<< No title >>
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年1月29日(水)01:53


事務局様、お忙しい中お知らせ有難うございました。

「追加の補修」とは、いつ頃までに受ければよいのでしょうか?
又、近い日にちで、どの研修でもよいのでしょうか?盛岡の場合、3月1日に研修がありますが、そこには参加できかねます。確実に参加可能なのは7月になりますが・・・

総会への参加に関しては
仕事が変わって収入が激減した関係で、東京まで出向く費用がなかなか捻出できず、毎年の参加は不可能な状況です。地方の会員に対する救済措置はないものでしょうか?


☆書き込みを削除したい時は、□をチェックして削除用パスを入れて削除ボタンを押して下さい [訪問者用]
☆管理人用を選んでパスワードを入れ、削除する書き込みを選んで削除ボタンを押して下さい。 [管理人用]


Script by CGIサービス
いるかBBSはレンタルできます。
[ホームページ] [管理人 → 事務局]
いるかBBS - ver.HighClass_mini 1.6(4.97) ○タグ