お話しサロン

021300  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


ケア・カウンセラー再任研修に参加して
投稿者/臨研生 リンゴさん
投稿日/2018年10月13日(土)21:15


ケア・カウンセラー再任研修に参加しました。
受験資格の単位数が軽減されたことを受けて、
書類審査の水準が高くなる事を知りました。

ケア・カウンセリングとは、他者を治す事、
そして自己をも対象とするという事を学びました。
他者の援助を通して、他者の力をかりて、自分をも援助していく必要があると知りました。
しかし、わかるようでわからないのが自分。
年齢を重ねる事で、他人の助言が素直に聴けなくなりますが、
「ありがたい」と自分の欠点を素直に認め、
省みる事ができる人間になりたいと思いました。
良いケア・カウンセリングが出来るように自己成長に努めたいです。


勉強会には、北海道、千葉、そして神奈川と遠い所から参加されており、意識の高さを感じる事が出来ました。先生から知識の他にも、症例を通して、すぐに臨床で活かせるアドバイスやヒントを頂き、とても充実した1日となりました。

勉強会もそうですが、皆で食べたラーメンも美味しかったです。
ありがとうございました。
ケア・カウンセラー再任研修
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年10月13日(土)23:55


 2017年の総会(聖路加)での決議を受けて、ケア・カウンセラー各級の取得単位の大幅な低減がなされました。それに伴い、ケア・カウンセラーの資質の維持と向上の為に、書類審査のレベルがかなり引きあげられました。 各級を受験進級あるいは再任される為には、年に1回の再任研修を受講する必要があります。
 今回の再任研修は特に、「他者援助を通した自己成長」をめぐってのかなり集中的な議論がなされました。日ごろの研修とは一味違う研修で、(ちょっと疲れたけど)とても有意義な時間を過ごせたと思います。
 研修が終って、私の実感は「やはりケア・カウンセリングの理念は、奥が深い!」との思いです。皆さんと議論して、何度も私の内側でコンセプトを揺らされる思いをさせられました。参加者に言語聴覚士の方がいましたが、彼女との語らいで「言葉と存在」について、深く思うところがあったのが印象的でした!
ボーっと生きてます
投稿者/チコちゃんさん
投稿日/2018年10月15日(月)22:39


チコちゃんは知っています。
『先生が疲れたのは、生徒がぼーっとしていたから」!!!なのです。

ミルトン・メイヤロフ著の「ケアの本質」の中に「ケアする人はケアされる人から学ぶ」
他者をケアすると言う事。それは他者の成長のためであるとともに、自分も成長を感じ取り、幸福感を得る。そして、自身をケアするためには、自分自身を他者として感じ取ることが出来なくてはならない」の一節があります。
ああ、これが先生の言っている「自己対象化」と言う事なんだと、ぼーっとしながら聴いていました。疲れさせてごめんなさい