お話しサロン

013133  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


謹賀新年!
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年1月1日(月)09:24


日本ケア・カウンセリング協会の皆様、関係者の皆様

2018年を迎え、新年のお祝いを申し上げます。
本年が皆様のご健康と、更なるご清栄の歳となることをお祈りします。

 さて、私はこのお正月は関係フレーム理論Relational Frame Theoryの勉強に集中します。これは昨年NET研修生の年末課題を作成していて、このテーマに行き着きました。行動形成法の理論を完成させる為には、どうしても言語的共有化の理解を進めなくてはならないからです。
 あれこれ文献を探していると、なんと2015年に精神保健レジリエンス研究会のテキストで関係フレーム理論を発見。自分で作成したレポートなのに、その内容を見事に忘却していました。これは歳のせいでなく、前の勉強が私にホンモノになっていなかったことですね。深く反省し、再度、理論構築に取り組みます。
 理屈を振り回したいのではありません。見栄で言うのでもありません。自分が問題意識を持ち、勉強できる状況は幸せです!人生の様々な困難に遭っても、自分の追及するテーマを捨てない限り、自己の能動性は保たれるのですね。
 会員の皆様と共に、「あせらず、あわてず、あきらめず」進みたいと願っています。

 今年もよろしくお願いします。
見つけた
投稿者/京葉線さん
投稿日/2018年1月3日(水)11:51


関係フレーム理論
この文言が記憶の片隅にあったので探してみたところ…
見つけました!
マイノートにメモ書きで「関係フレーム理論」とあるではありませんか
日付は平成27年10月8日で林野会館での研修でした
メモ書きと記憶をたどってゆくと
行動形成法のセッション終了後の先生のコメントの中に登場した文言です
私としては初耳の理論だったのでメモしたんですね

よくぞコメントをくれました!
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年1月3日(水)20:45


京葉線 様
 よくぞこの書き込みにコメントをくれました。理論的な勉強は案外孤独な作業なので、あなたの書き込みに勇気づけられました。
 関係フレーム理論 Relational Frame Theory は、とても理解が難しいのです。かって説明した時も、十分ではなかったと思います。でも、行動形成法の「出来るはずなのに、何故か一日延ばし」の体験を、学術的に説明する理論がなくて、困っていたのです。そしてようやく、関係フレーム付けの「脱フュージョン方略」というコンセプトに行き当たりました。NET研修生からはボヤキの声が上がりましたが!
 ここでは専門的な説明はしませんが、私たちの協会が単なる「カウンセリングごっこ」ではない、という強力な理論基盤を発見できたのです。また、会員の皆様には、分かり易く説明できる研修を準備しますので、しばらくおまちください。
関係フレーム理論!
投稿者/精神科ナースさん
投稿日/2018年1月4日(木)11:13


 関係フレーム理論って、医局の先生の勉強会で聞いたのですが、まるで理解できませんでした。講演してくださった先生は、うつ病では名医なのですが、「オレはクスリ屋だから心理療法はわからん!」と言います。でも講演したのだから、理解していると思い、夜勤の時に、お茶を出しながら改めて聞いたんです。
 先日の講演は、参考書や論文をまとめて話しただけで、本当はちゃんと理解できてないと「告白」されました。ある意味で正直で誠実な先生です。じゃ、自分で勉強しようと本を読みましたが、なんとも理解できません。抽象的で実際の事例の話しが乏しいのです。精神科ナースの私が理解しようと思って本を読んでもピンと来ないのは、この関係フレーム理論を易しく紹介してくれる本が無いってこと?品川先生、やさしく解説してくれるのをおまちします。
関係フレーム理論を易しく説明する!
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年1月4日(木)22:48


 精神科ナース 様
 まず、あなたの「精神科ナース」というハンドルネームにあなたのプライドを感じます。そして、精神科という「混沌の海」に彷徨する患者さんと付き合おうとするあなたの優しさと意志の力を感じました。
 さて、関係フレーム理論ですが、これはなかなかやっかいなシロモノです。現在、品川が親しくお付き合いさせていただいている精神科医の先生方のなかでも、自在に使いこなしていらっしゃる先生は多くはありません。ただし、もしあなたが行動形成法を何度も体験されているとすれば、理論はともかく実感されるのは難しくはありません。私たちが実践的研究を続けているあの行動形成法こそ、関係フレーム理論に基づく、脱フュージョン方略のグループ・アプローチだからです。
 しかしながら、このお話しサロンでは、説明する紙面に限りがありますので、もし、あなたがケア・カウンセラーの登録をされているなら、臨床レジリエンス研究会(NET版)にお申込みください。近日中に、関係フレーム理論のレジュメを配信する予定です。
 
ごめんなさい!
投稿者/精神科ナースさん
投稿日/2018年1月5日(金)14:47


品川先生、ごめんなさい。私はケア・カウンセラーどころか、協会の会員でもありません。でもケア・カウンセリングの講座には魅力を感じて、何度も参加させていただいていました。だから臨床レジリエンス研究会のNETに自分を登録できていないのです。じゃ、入会したらいいのですが、今の気持ちでは特定の団体に所属するのに、ちょって二の足を踏む事情があるのです(事情を説明するとメンドウですが)。
もう少し考えてから入会を検討します。