お話しサロン

021300  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


追記
投稿者/いのししさん
投稿日/2018年11月8日(木)01:00


「精神科の看護とは一生懸命何もしない事です」の意味を引き続き考えました。
これは患者と支援者の相互関係があっても、共同が幻想である事を受け入れるという事ではないですか?
ご意見をいただきたい私がおります。よろしくお願い致します。
元、精神科看護師としては・・・
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2018年11月8日(木)03:21


「共同が幻想である」=「共同性への見果てぬ夢」→人間の本質(by品川)

私は、こむずかしい理屈がなかなか理解できない(理論で武装する事ができない)人間です。
「精神科の患者さんも同じ」→ 精神科の患者さん自身に、私達のこむずかしい「理屈」は一切関係ないのです。(精神科看護師として「理論」は最も重要→対・患者さんとの間での戦略として…)
言い換えれば・・・
私達の「理論」は、患者さんにとっては「ただの理屈」に過ぎない。
では・・・何を根拠地として、精神科看護師は患者さんと向き合えばいいのか?

「私」個人の理論は「揺るぎない自分自身のベース」として「自分自身の内面」に持ちつつ、自然体で相手に向き合うということではないでしょうか?
患者さんにとっても、看護師にとっても「私は、あなたじゃない」→決して「私は、あなたにはなれない」のです。(人間の本質)
だから、患者さんが(私達にとっての)「勝手な理屈」を並べたてて、あれこれ要求してきたとしても、社会通念上「出来ないものは出来ない」と、毅然とした態度を取る必要があります。(これは、子育てにも通じると思っています。)
患者さんは、要求が通らないから、あの手・この手を使って、しつこく看護師に迫るでしょう。
ここで登場するのが・・・
「一生懸命何もしない」こと! → 辛いですよぉ〜! 患者さん、しつこいですから・・
徹底的に「仕事の邪魔」をされます。「あの看護師は嫌な・駄目な看護師」にされます。・・・患者さんが社会的に通用する人間になる為に、「(患者さんの事を考えつつ)一生懸命何もしない事」が必要なのです。
患者さんも考えます・・・そして、今度は、看護師を褒め称えます。 → ただ、ひとえに要求を通したいから…
ここで、それに乗ってはいけません。(特に経験が浅い看護師は、乗ってしまい、患者さんの思うツボにはまります)

患者さんも看護師も、あがきながら「患者さん自身を一歩だけ、一般社会に近づける」→この繰り返しが、精神科看護ではないでしょうか?