お話しサロン

019203  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


寄り添うケアとは?
投稿者/品川博二さん
投稿日/2018年6月7日(木)19:59


看護師・介護士をはじめ、多くのケア従事者は「寄り添う」という言葉をよく使います。あまりに当たり前に使われているケア用語ですが、案外その定義は曖昧です。一般には寄り添うとは「ぴったりとそばへ寄る」(大辞林)を意味します。「ベンチで寄り添う二人」とくれば、かなり空間的に密着しています。しかしながら。ケア・カウンセリングでは、やや異なる理解をいたします。
まず「寄り+沿う」の「添う」を別の漢字「沿う」を当てます。ここで「寄り」は空間的アプローチを意味し、「沿う」は時間的アプローチと理解ください。
例えば、認知症の患者さんの空間把握に障害がある場合、ケア従事者が「寄る」には少し工夫が必要です。患者の視野の中に自分を置き、少しづつ接近する必要があります。そして身体接触には、十分な「馴らし」が必要です。これが空間アプローチです。これらの空間アプローチを再編成したのがユマニチュードです。 
さて、同じく記憶に障害があれば、担当ケア従事者の顔を認知できませんから、改めて自己紹介から始めるのが時間的アプローチです。また精神科の患者の妄想は、「生きられた時間の歪み」を、その患者が何とか「語り」の行為を通して、他者と共有化する試みと理解できます。妄想のコンテンツ(内容)にこだわらず、「語り」の空間を共有しながら、「流れる時間」を傾聴することに精神科看護のエッセンスがあるでしょう。また、ターミナルケアにおける、患者の「死に照らし返される命」の時間を共に過ごすことにケア・カウンセリングのすべてが込められていると確信します。
そして、行動形成法においては、事例提供者が時間の中で学習した回避行動を、
「いま、ここで」のロールプレイ空間で、再構築することに感動を覚えます。
 「寄り沿う」ケアとは、ケア・カウンセリングの全てが含まれています!



難しい!でも、わかります。
投稿者/勿忘草さん
投稿日/2018年6月8日(金)20:45


先生、これ難しいです!何回読んでも難解です。でも悔しいですが、なんとなくわかるんです。どうしてかな?私は頭が良いのか悪いのか?精神科の説明は経験が無いので、さっぱりですが、認知症のイメージはナルホドです!こんなレベルの低いレスでごめんなさい。だれか先輩の会員様、私よりましなレスをお願いします。
寄り沿う…難しいです。
投稿者/Dさん
投稿日/2018年6月22日(金)03:57


何か自分の中で見えてきたことがあります。
先生ありがとうございます。
 私は、先生の考える「寄り沿う」ケアというよりは「寄りかかる(依存させている)」または「突き放す」ような距離感を臨床で作り出しているのかもしれません。距離感が近すぎたり遠すぎたりするために、「沿う」ために大切な時間を捻出できなかったり、入り込みすぎたりしてしまうのかなぁと感じてます。
 だからこそ、共有化や行動変容に不足を感じてしまうのだと反省しております。 難しいけど「寄り添うケア」実践していきたいです。