お話しサロン

027959  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


自己成長
投稿者/出来ているかな?さん
投稿日/2019年2月25日(月)06:21


「事例検討とは何か?」の子供村に参加しました。
力強い初参加、新メンバーに囲まれ、新鮮な学びでした
事例検討は上手くいかなかった事例から、自己への振り返りを行う。それが「他者援助を通した自己成長」
この理論を多くの方々に知ってほしいと願うばかりです。なぜならば、凄く納得しているから。
自分の周りを見ても相手のせいにしていることが多い事。そうしている間は一つのレベルアップもない事を、チコちゃんは知っているから。

学習的無力感
投稿者/ベイブリッジさん
投稿日/2019年2月25日(月)23:36


2/24の子ども村での研修。
「事例検討とは何か?」のレジメや品川先生の話の中で出た「学習性無力感」。
2019/2/13の東京新聞の28面「こちら特報部」の記事で、心理カウンセラー山崎由貴子氏も野田市の栗原心愛(みあ)さん虐待事件の母親の状態を「学習性無力感」という状態にあったとコメントをしていた。
日本海に面したところから来た方、当日入会した方といつもとは何か雰囲気が違っていた気がした。
午後の「エンカウンターグループ」の研修では、自分の近況なんかも話して、拍手なんかもいただいて、気持ちが吹っ切れたように見えましたなんて言ってもらったり、まさしくエンカウンター&エンパワーメントな研修でした。

指示待ち族?
投稿者/出来ているかな?さん
投稿日/2019年2月27日(水)05:33


学習性無力感の原理って、心愛ちゃんのお母さんだけではなく、「言っても変わらないから」と能動性の立ち上がらない職場での指示待ち族も同じってことですよね?
そうだよねぇ〜!
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2019年3月1日(金)05:25


できているかな?様
「あなたの仰ることに共感!」です。

品川先生が2月5日に投稿なさった中の『学習性無力感』に関する記述に
@困難な問題解決場面に遭遇すると適応的な事態に移行できる可能性があっても、その可能性を「無駄な努力」と認知しストレス状況から能動的に対処する努力をせず無能無策の状況に陥る
とあります。

『指示待ち族』は、これに該当するのではないでしょうか?
以前に勤めていた特別養護老人ホームで、介護職員のリーダーが(他の介護職員のことを)「指示待ちなんだよねぇ…」と嘆いていた場面を思い出しました。
今の現場にも『指示待ち族』は居ます。・・・たぶん、どこの職場にも…
そして、私が思うに…
『指示待ち族』に共通しているのは『責任逃れ』(『言われたからやったんです。自分の責任ではありません。』と、心の中で常に思っている=その人自身の安心感に繋げている)だと思います。
でも、不満な事はあるから、噂話や井戸端会議的に『無駄な言語化』をして、一時しのぎのストレス解消に繋げる…という構図が見えるような気がします。

「言っても変わらない」なら、別の方法を考えればいいんですよ。ねっ、全国の皆様!
昔から「押しても駄目なら引いてみな(引いてみろ)」って言葉、あるじゃないですか。
いろんなことを考えるのが人間ってもんでしょうよ!