お話しサロン

036852  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


私も光の中に導かれました
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年1月8日(水)04:35


紫の花様、素晴らしい投稿を有難うございました。
20年前に看護学校を卒業なさったとのこと、私よりはるかに若い世代の看護師さんです。我が家は、実家も含めて仏教の世界で育ってきましたので、(とは言っても、仏教の歴史的なことや詳しいことは僧侶にしか分からないというのが大半だと思いますが…)キリスト教のことは詳しくありませんが、独身時代、盛岡に居た時に一般の合唱団に所属していて、その練習場所はカトリック協会でした。
所属していたのは2年間だけでしたが、全日本合唱コンクールに連続出場していて、1年目は九州の福岡・2年目は広島に行くことが出来ました。コンクールで歌った曲はミサ曲が多いので、紫の花様の投稿を拝読しながら、練習を含めた当時の状況が鮮やかに蘇ってきました。

紫の花様の投稿の前半は、本当に情景が手に取るように分かり、私も一緒に光のグラデーションの中に吸い込まれていくような感じでした。(恥ずかしながら、美術館に足を運んだことは一度もないのですが・・・素晴らしさが伝わってきます)
後半の投稿「私にとって、なじみの空間は・・・からのくだりは、涙があふれてきました。
私にとっての「思わず浮かぶシーン」は二つです。
一つ目は、義母が死亡宣告を受けた後、病室で義母と二人になった時の光景です。
義母は肺線維症の憎悪で入院し、約10日間位レスピレーターを付けていました。死亡宣告後、点滴やバルンカテーテル、体に付いていた医療機器が全て外された義母は戦い疲れた戦士のように見えました。
亡くなったのは早朝でしたので、看護師の申し送りが終了するまで、私は病室で義母と二人きりになりました。(夫と義姉たちは、その後の段取りの為に自宅に向かいましたので…)
私は看護師を待つ間、静かに義母の口を拭って形を整え、冷や汗でべっとり張りついたようになっている髪を、ドライシャンプーで何度も何度も拭き取りました。・・・義母は蘇りました!生前の、年は取っていたけれど、おしゃれな義母です。その瞬間!…義母の頭側にあった窓から光が差し込み、その柔らかな光の中にお釈迦様がお立ちになっているのではないだろうか?と思う空間を体験しました。 −続く−
続きです
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年1月8日(水)05:41


二つ目は「地獄の門」「免震工事」をキーワードにした「思わず浮かぶシーン」です。
東日本大震災が発生した瞬間、私は一関市にある免震構造の大病院で日勤をしていました。当時、勤務場所は2階でしたが、その中でさえ立っている事ができず揺れが治まるまで、おびえる患者さんの手を握りながらしゃがんでいました。『外はどれだけ揺れているんだろう?』と思いながら、なかなか揺れが治まらないのを感じた瞬間は『沿岸部には津波が来る!』と思っていました。
実家がある大船渡の大地に立ったのは、震災発生から約9か月先のことでした。
高田高校に通い始めた時、私は汽車通学をしていました。・・・実感の玄関を出て、当時のルートを思い出しながら大船渡駅まで歩いてみました。
建物は何もなく、まるでそこは「二次元(平面)」の世界!…泣きながら歩きました…途中で私の目に映ったのは「須崎川」と、そこに架かる小さな石橋!川のほとりに昔からあった2本の柳の木! 駅の前に行った時、何もないけれど確かに引かれていた駐車場の白線!・・・蘇りました! 駅舎に向かって左側には自動販売機!斜め向かいには同級生の家でもある旅館!その横はタクシー屋さん!
私の胸いっぱいに広がったのです。そして、見上げると昔から変わらず連なる山々…浮かんだ言葉は「国破れて山河あり」です。

書いているうちにもう一つ、浮かんだことがあります。
父方の祖父は昔、オルガンで「ご詠歌」をひきながら練習していたことがありました。その楽譜を一度だけ見たことがあります。
高田高校音楽部時代にも一度だけ見たことがある楽譜があるのですが、それは「グレゴリオ聖歌」の楽譜です。衝撃を受けました!
なぜなら、どちらも棒線の無い音符で(♪のようなオタマジャクシではない)、確か、グレゴリオ聖歌は■、ご詠歌は●が楽譜に並んでいたのですが、音階はそっくりだったのです。『へぇ〜!? グレゴリオ聖歌がシルクロードを渡ってご詠歌になっているのかぁ(私の勝手な想像ですが)』 この事に感動した自分が、紫の花様の投稿に感動した自分とリンクしました。
変換間違いがありました
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年1月8日(水)05:51


「続きです」の6行目、中頃の「実感の玄関を出て」 → 「実家の」です。
全体的には「あぁ実感!」ですけどね(笑)…