お話しサロン

036852  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


最近考えたこと
投稿者/ミモザの季節さん
投稿日/2020年2月14日(金)21:26


ある職員がとても気になっています。仮にXさんとしましょう。Xさんはお話がとても上手な人で、話し方は面白く、かつ思ったことをはっきり言う人です。それは、いいことであろうと、きつい内容のことであろうと、自分の意見は歯に衣着せぬ(多少は着せているかもです)物言いで、周囲の職員の受け取り方は様々です。また情報通でもあります。お話し好きのXさんですから、病院内のことは本当によく知っています。
Xさんとはまあまあ仲が良い私はその発言にひやひやしたり、大笑いしたり、仕事のことに関しては尊敬できるような考え方を持っていて、また実践もしているので話をすることが楽しいのです。

私は現在の病棟に異動する前でもXさんと働いていたのですが、その時はそんなに話すことはなく、寧ろ「嫌い」と思ったこともありました。
何故かと言うと、立ち入った質問をしてくるところがあるからです。

Xさんも現在の病棟に異動になり、再び一緒に働くようになりました。異動してくる前は「いやだなあ」と思っていましたが、やはり楽しいのです、話していると。
「でもなんでこの人に惹かれるんだろう?」と思いました。
答えは明白です。Xさんと私の決定的に違うところは、Xさんははっきりと意見を言うことです。しかも物怖じせずにです。そして誰とでも差しさわりのない会話を楽しむことができる人です。
私は自分が言いたいことがあっても、自信がなくなかなか口にすることはできません。言った後に「これでよかったのかな」「どう思われてるかな」など、いつも気にしてしまいます。

はっきりと言いたいことを言うXさんですから敵も多く、XさんがいないところではXさんに対して耳を塞ぎたくなるような会話も聞こえてくることもあります。

他人の言動を批判する時は、その現象を見聞きして、想像を膨らませることが多々あるように思うのですが、その言動の背景を見ずして、「不安の外在化」をしているのでは?と思いまいした。

何故この人はこう言うのだろう?と引っかかりを覚えたことを流さずに検討してみる。さらにはその人と第三者とのかかわりを観察することも必要です。それが自分を知ることにつながるヒントになると思いました。つまり他者の言動は宝の山なのです。

他者の言動に疑問あるいは関心を持つということは、自らを問う、内的コミュニケーションを持つことになります。
様々な対人関係における過去の経験(他者とのギャップ)を言語化し、未来に向けて修正していくことが対人トラブルを乗り越え、肯定的相互性を得ることになるのではと思いました。

Xさんは自分の意見ははっきりと述べる、思ったことははっきり口にするといった明快な人ですが、“こう言えばこうなる”“なぜそうなるのか”という検討することについてはあまり関心がないようです。広く他者を受け入れかかわることは得意ですが、情報量が多い分、内的コミュニケーションは苦手な様子です。
一方私は他者とのかかわりが少ない分、検討するチャンネルは少ないのですが、自己と対話することが多いことに気がつきました。

人はそれぞれコミュニケーションのあり方が違います。それを踏まえた上で人と接することが大切ですが、時間をかけて観察し、見極めていく中で人間関係を構築させていくということが、Xさんを通して学んだことです。