お話しサロン

037771  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


私発!被災者の今、情報 95
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年3月13日(金)05:12


3・11が過ぎました。
やはり、この日は特別の日!…テレビ放送では各被災地を中継で結んで、復興途中の『今の到達点』や被災者の実情、まだ続いている仮設住宅生活者のこと等々、9年前と照らし合わせて一日中、放送していました。(たぶん、都会では新型コロナウイルス関連の内容が中心のテレビ放送だったんでしょうね。)

今年の3・11(14:46)は職場で、自分の机の前で迎えました。・・・昨年は入居者様の病院受診に付き添っていて、テレビ放送で東京の慰霊祭の様子を見ていました。テレビでの黙とうに合わせて手を合わせようと思っていましたが、14:45頃、処置室に向かうよう看護師さんに言われて移動し、自分の時計に合わせて、沿岸の方角に向かい黙とうしました。サイレンは鳴らなかったと 記憶しています。
一昨年は、高台にある実家の玄関から続く坂道の中腹に立って海の方に向かい、町に1分間響き渡るサイレンと近くのお寺の鐘の音に合わせて、1分以上、黙祷していました。

来年(10年目)の3・11(14:46)はどこで迎えるのか?そして、何をしているのか?、世の中には何が起こっているのか?…
たった1年のことなんだけれど、その1年間の何と激動的なことか!!・・・丸1年後のことは全く予想がつきません。

今年も、耳を澄ましてみましたが、私が住んでいる内陸部では黙とうのサイレンは聞こえませんでした。
日常的に14:46は入居者様の機能訓練をしていることが多いのですが、3・11当日だけは14:30頃から机の前から離れられませんでした。
多職種の方々は、「黙祷するのかな?しないのかな?(みんなで黙祷)」等と言っていました。私は同じ空間に居ながら、「するんですよ」とか「してください」等という言葉を口に出すことができず、時間に合わせてそっと手を合わせました。(口にすると、感情的になりそうで言えなかった…震災当初から内陸の方々とは感覚が違うということを感じていたので、怒り口調になってしまいそうな気がしたのかもしれません。→ これは、今の時点での自分なりの分析です。なぜ、「一緒に黙祷してください」と言えなかったのか?…本当のところは自分でも分かりませんが、普段「一匹狼」的な仕事をしていて、同じ空間に居ながら、私には「話が見えない」会話をしている方々が相手だったからかもしれません。

帰りの車の中では、久々に「能面の顔」になっている自分を感じていました。
表情筋が動かないのです。この顔で家に帰りたくない!…姪の就職先が決まったという「我が家ニュース」を思い出したら、自然と表情筋が緩み、私の通常が戻った気がしました。相変わらず、職場と家の往復!しかも長期入所者の機能訓練評価(3か月評価)の文章作成(毎日、家でやっている宿題!退職するまでは終わりのないエンドレス!)に追われる日々ですが・・・
健康で仕事が続けられることに感謝しつつ、道半ばの人が居たことを忘れず頑張ろう!