お話しサロン

039261  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


今できることは・・・
投稿者/あおい空さん
投稿日/2020年4月27日(月)06:53


新型コロナウィルス感染拡大に伴い。協会の研修もストップせざるを得ない状態になっています。
私たちに今できることは研修ではなく、研修で学んできたノウハウでケアする人をケアしていくことではないでしょうか。
以前、今思えば10数年前に協会の中で、3級のケアカウンセラーは何ができるの?2級は?1級は?なんて議論した時期がありました。
その頃は級があがるほどケアカウンセラーとして出来ることが増えていくような気がしていました。
新型コロナウィルスの感染拡大を防止していくことで、コミュニケーションが悪化していっていませんか?
皆、不安でイライラしています。
見えない敵が]さん以外にも出てきたのです。
自分の中の]さんとは引き続き戦っていくとして、目の前の見えない敵からくる不安やイライラなどとは戦えると思います。
私たちはフィードバックやシェアリングといった技術を学んできました。
今できること。それはこの掲示板でもシェアできますが、日々頑張っている同僚や家族、友人に声をかけていくことはできると思います。
「ありがとう」「よく頑張っているね」「怖いね」「不安だね」どんな言葉を使ったらみんながこの見えない敵と戦えるでしょうか。皆さんの日々のかかわりの中でできることをしていきましょう。
ケアカウンセラーだからできるケアする人をケアしていこうではありませんか。

癒し、癒されること。
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2020年4月29日(水)14:19


あおい空様、投稿ありがとうございました。まさしく、その通りですね。

私(ワタクシ)、先ほど仙台に住む妹に電話をしたところです。
以前に電話した時は「うつになりそうだ」と言っていて心配だったので…
今日の妹の声は、以前より元気だったので少し安心しました。妹の娘は今年高校に入学したばかりで、学校に行ったのは入学式と健康診断の日だけだった、今は毎日ゴロゴロしていると以前、電話した時に話していましたが、今日電話した時はオンライン授業をしているという話をしていました。
授業料はしっかり取られると笑っていましたが、少しでも方向性が現れたことに親として安心感が持てたのだなぁ…と私は解釈しました。

実家(岩手県大船渡市)では、高齢の両親が二人暮らしをしているので、時々妹も様子を見に行っていたのですが、コロナウイルスの感染拡大が収束するまでは実家に行かないよう私から要請しているので、両親の最近の状況も伝えています。幸いなことに、両親は何とかそれなりに頑張ってくれているので、そのことも話しました。
私自身は、特養の機能訓練指導員として通常と変わらず仕事に追われていて、早く妹に電話しなければ…と思いつつ、帰ってくるとグッタリして動けない!…という日々を繰り返していました。
今日、たまたま盛岡に住む妹から電話が来て会話し、もらった元気が途切れないうちに仙台の妹に電話したところです。

ケア・カウンセラー2級の私ですが、ケアされたのは私ですね。(おそらく、これは『肯定的相互性』の理論!)
今は実家のこと、仕事のこと等で『いっぱい、いっぱい』の状態にある私なのですが、『ケアは、相互性なしには成り立たない』ということを、今更ながら実感しているところです。

はらぺこあおむし様
投稿者/あおい空さん
投稿日/2020年4月30日(木)21:35


はらぺこあおむしさん、レスありがとうございます。
皆さんに会えないのでこうして反応があると嬉しいです。
妹さんたちは仙台と盛岡にいらっしゃるのですね。
もらった元気のリレーで互いが元気になっていく様子、ほのぼのしていいですね。
ご両親のことも気になるところですがそれなりに頑張っていらっしゃるのは安心ですね。

姪御さんは高校生になったばかりなんですね。9月入学の話も出ていますが、新入生の皆さん
そのご家族も初めてのことで不安がいっぱいと思います。
本当にどうなっていくんでしょう。
とにかく早く感染が収束していくことを祈ります。