お話しサロン

047087  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


インナーチャイルド ふり返り
投稿者/品川博二さん
投稿日/2021年7月11日(日)08:55


21/07/11
ON LINE入門講座(7・10) ふりかえり
インナーチャイルドとは?
講師 品川博二

インナーチャイルドとは、「内なる子ども」という意味。
子どもの頃に受けた親子関係の傷が十分に癒されていないと(言語化されていないと)、大人になってからも、その傷が自己体験や対人態度にネガティブな影響を与えることがあると考えられています。
ンナーチャイルドとは
インナーチャイルドとケア・カウンセリング
インナーチャイルドとは「内なる子ども」、つまり、「自分の心の中に住んでいる子どもの自分」(現在進行形の過去の自己体験)のことを指します。
具体的には、親の厳しいしつけや学校でのいじめの経験などで深く傷ついた場合、自分自身がこれ以上傷つかないように、外面で「いい子」を演じたり、必要以上に人とのかかわりを持たなくなったりすることです。
大人になってこの「インナーチャイルド」が十分に癒されていないと、さまざまなネガティブな影響(自己肯定感の低下や身体不全感、不定愁訴、パーソナリティ障害etc.)を与えることがあります。ケア・カウンセリングで「親子関係のうらみ」という言葉が使われる時、このインナーチャイルドの問題を検討している時なのです。
インナーチャイルドの特徴や症状
インナーチャイルドの特徴には、以下の3つが挙げられます。
1.自己否定が強く、自分が悪いと思いがち
問題解決の場面で、十分に検討することもなく、すぐに「自分が悪い」と思い込んでしまう人は、傷ついたインナーチャイルドが影響を与えていると思われます。これは、大人から不当に怒られる、虐げられるなどの状況で、自己否定すればこの場から逃れられる、という問題のあるサバイバルの方法が染みついてしまった結果です。そして、大人になっても、その呪縛は解けていないのです。
2.他人を怖がる
常に自己否定の自我意識に囚われている者は、必然的に他者を恐れます。
「他人は自分を傷つける存在だ」という認識が強くインプットされ、そこから、人間不信に陥ります。健全な人間関係を構築することを回避します。つまり「愛することに不安、愛されることに不信」になります。
3.他人を操作しようとする
傷ついたインナーチャイルドがいる人は、「自分のホンネ」を隠し、他者を操作しようとします。もしあなたが権力(他者をコントロールできる力)を得ると、他人を支配します。権力がなければ、有る者に服従します。これらはすべて「操作」です。その対象は、夫・妻・子供、友人・上司・同僚・部下です。操作は、すべての人間関係の本質(間主観性)を失わせ、その結果は孤独です。


4,インナーチャイルドの克服(治療)
 まずは、私たちの内なるインナーチャイルドを認知し、言語的共有化が必要で。その方法は? はい、日本ケア・カウンセリング協会では、次のプログラムを用意しています。セルフケース検討会、臨床ワーク・ディスカッション、そして行動形成法ですね(^^)/

以上

<< No title >>
投稿者/西瓜のおもいでさん
投稿日/2021年8月10日(火)23:23


対人トラブルや、相手を苦手だなと思うことは、過去の親子関係の再現なのだと思います。その人は今ここで恨みを晴らしているのだと思いました。恨みを晴らすことへの表現がネガティブなものの場合、発展はないと思いますが、それをポジティブなものに変えていくことができれば、過去の関係は塗り替えていける。一つ上のステップに行けるのだと思います。
一つひとつの場面を検討し、実はこういうことだったのだと、物語を再構築し、振り返れば、人生の構図(プロット)を眺めることができるのではないかと思いました。

 そして、自分のインナーチャイルド(トラウマ)を理解するからこそ、自分の体験をつらいものとして受け止めるからこそ、他者もつらいのだとわかると思う。そのように思いをいたすことができたら・・・
困ったXさん&インナーチャイルド
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2021年8月23日(月)04:59


私は特養(入居者80名+ショートステイ常時6名)で機能訓練指導員をしています。機能訓練指導員は1名の配置なので、当然、一人で全員の機能訓練はできませんから日々の生活の中で介護職員が関わる側面が、各々の身体機能向上の面では重要な役割を担っています。私はこの仕事を命じられてから3年目を迎えますが、仕事内容全体が軌道に乗ってきた昨年頃から、レク活動の推進・重要性を介護職員さんに伝え続け、「現在進行形」真っ最中です。

私と同年代の女性介護職員がいます。
この方は、介護職員の中で最も一生懸命、レク活動に取り組んでいて「入居者様の認知症進行を予防する」という視点で、私と考え方が一致しています。
レク活動の意味合いを話している時は、「意気投合」でした。が、・・・
度々話をするうちに、私は彼女から向けられる「感情の垂れ流し」に悩まされるようになっています。

彼女が話しかけてくる時は決まって「ちょっといいですか?」と言うもんで、(私も忙しいですから…)『ちょっとだけよぉ〜(古いか?)』って感じで応じます。・・・(「ここでつかまったが百年目」「飛んで火にいる夏の虫」)
ある時、
「○○さん(男性の「困ったさん」入居者)にお膳、蹴られましたよぉっ。蹴るためにリハビリやってんですかねぇ!」と、たまたま彼女と通りすがった際に言われました。・・・まったくの不意打ちなので、私は絶句!です。(はぁぁ〜〜!? そんな訳ないでしょうが!! なんで!私がそんなこと言われなきゃないの!?・・・心の声)
またある時、
「ちょっといいですか?」と・・・(『なぁに?今度は?』と思いながらも、ここは、ケア・カウンセラーの名にかけて!…(『話しやすい人に言ってくるんだなぁ』と思いながら付き合います)
彼女は感情の赴くままに話してきて興奮もしているので話にまとまりがなく、挙句の果ては「今、ご自分が話したこと」を私が指摘すると「そんなこと言ってませんよ」とのたまう始末!・・・内容は、掘り下げると上司への不満・同僚への不満なのです。(直接、該当者に言わないで私に訴える) 続きます。
続きです
投稿者/はらぺこあおむしさん
投稿日/2021年8月23日(月)05:56


彼女の話(訴え)は回数を重ねるごとにエスカレートしていきます。実際に彼女が発した言葉から考察しているのですが…
「私だって25年も介護職やってるから(私が聞き取れた分)」…小さい声でもっと何か言っていたような気がします。
そのうちに、仕事中、同僚に対して「あの人は入居者さんの事わかってないんですよ」「○○さんはやりますから、やりますからって言って、結局やらないじゃないですか!」と大きな声で話しまくるようにもなりました。
2〜3度聞いた言葉は
「私の親が施設に入ってた時は何もさせられないでボーっとしてて、云々」という言葉です。・・・これか!(と思った私)

『彼女が誰よりもレクに取り組むのは、「今の入居者様を自分の親と同じ目に遭わせたくない」という深層心理(?)がなせる業なのだ』というのが、今の私の理解です。(これこそ、彼女のインナーチャイルド。)
その表出が歪んでいるのです。
再度、彼女の言葉・・・
「上の人(上司)何人かは私の事認めて、やってくれて助かりますって言ってるんですよ」「勉強になりますって言う人もいます」
でも、彼女のやり方は・・・
「私、壊れた風船(風船バレーで使用している)、自腹で買ってきたりしてるんですよ。」
いつでも一生懸命やっています。ただ、「他職員との協調性がない」のです。
例えば、壊れたものの補充は「ユニット費」として配分されているお金を使うという考えに至っていない事が挙げられます。
「私(彼女)は一生懸命やっている」(と彼女は思っている)→ 私は彼女との話の中で「介護職員みんながやってほしい」事を何度も話し、彼女も「そう思います」と言っている。→ でも、彼女は「どんな方法を取ったらみんなができるようになるか?」を考えず、「みんながやらない」とだけ思っている。→ 結果、「みんなは彼女の方法に付いていけず手が出せない」(この事に彼女は気付けない!)

私は現状を変えたくて、今までの彼女との関わりも交えながら、改善点を共有して頂きたい思いと、最後に一緒に頑張りましょうという言葉を添えて、A45枚にわたる手紙を書きました。
最後に彼女が「ちょっといいですか?」と話し始めて、「私の話も聞いて下さい」と伝えたら、人の話は聞かないで(仕事ではありますが)その場を去りました。その後ろ姿に向かって「私に言っても、何も解決しませんよ。」と話したら、その後、彼女は口をきいてきません。常識が通用する方なら手紙の内容を理解できると思いますが、果たして彼女が私の意図を曲げないで受け取ることが出来るのか?一抹の不安があって、まだ渡せていません。(私のインナーチャイルドが関係しているのかなぁ???…)