お話しサロン

047087  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


ワークディスカッションで話題を提供してみて
投稿者/レモネードさん
投稿日/2021年7月18日(日)09:22


自分が話をした後、それを周りの人がどのように聞き、どのように感じたのか。
数人の方からだけでなく、本当は全員から聞いてみたいと思いました。
人によって気になるポイントや感じ方は違うと想定できますが、聞いている人から自分の体験と重なった感想を聞くというのは興味深く感じられました。それはそこに現実味が感じられるからでしょうか。
思いもしなかった質問にたじろいでしまいましたが、自分とは違う視点からの指摘に見えなかった自分が少し見えた気がしました。
私に向けられる疑問や「私はあなたが○○と感じたと思ったんですが…」と問いかけられる言葉によって、初めて自分では気づかなかった感情があるのかもしれないと自分を振り返るきっかけになりました。「自分が見ている自分」だけでなく、人からの言葉で新たに感じる自分というのがいて、それを引き出されたように思います。聞き手がこちらの状況や心情を言語化しそれを聞くことで、改めて自分を知ることができたのだと思います。
それは決して一人でできる作業ではなく、他者の言葉から導き出される自分です。
思ってもいない自分が引き出された気がして、すぐにそれをうまく理解しきれませんでしたが、なんとなく「感じる自分」を認識できました。
また、気になるXさんの現象をみんなで検討し、そこで起こっている構造を考えるのは、ただ先生が一方的に説明するのと違って、いろいろな方の解釈やそれに対する解説を聞くことで多方向から探るような感じがしてより深まった気がしました。
私一人で向き合っているのではないという感覚も貴重だと思いました。
セルフケース検討会よりもざっくばらんに、自分の話題を共有していただき、聞き手からのさまざまな言葉に気付かされるという体験は興味深いと思いました。