お話しサロン

046367  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


ON LINE基礎講座7月3日 ふりかえり
投稿者/品川博二さん
投稿日/2021年7月4日(日)10:22


21/07/04
ON LINE基礎講座7月3日 ふりかえり
講師 品川博二

皆さん、昨日はON LINE基礎講座ご参加ご苦労様でした。
ちょっと、昨日の記憶が鮮明な内に、研修の振り返りをいたしましょう。

1,「愛することへの不安」「愛されることへの不信」
@不適切な対人態度:なんで不自然でひねくれた対人態度をとってしまうのか?
A不適切な養育者の態度:幼少期に親子関係に「うらみ」があったかな?
B不適切な人間関係:自己疎外(努力してるのに報われない)の人間関係?
2,アタッチメント理論
  幼少期における養育者などとの関係性,ことにアタッチメント(愛着)が,人間の生涯にわたるパーソナリティや社会的適応性などにいかに影響を及ぼすかを問う発達理論。イギリスの児童精神科医であるボウルビィBowlby,J.(1969)によって提唱され,その後,エインズワースAinsworth,M.D.S.(1978)やメインMain,M.(1990)などによって発展

3,ハーロウの「愛の本質」のアカゲサル実験
 @ハリーハーローは、1960年代に、実験室でのBowlbyの愛着理論と
  母性剥奪の理論の研究に着手したアメリカの心理学者です。
A母親から剥奪された赤ちゃんサルは、ミルクを提供する「針金マザー」
  より「布のマザー」にしがみ付くことを観察しました。
B母性剥奪を体験させられた子ザル達は、その後、抑うつ状態を示し、成
  長しても他のサルと交流せず、愛着を求めず、示せず、社会的孤立のま
  までした。

4,メイとサツキ(ととろ)のお母さんはアタッチメントが欠損していた?
• 応答性 responsiveness: 子どもに共感的に応じられること。
• 近接可能性 accessibility:必要な時、子どもが接近可能なこと。
• 利用可能性 availability:自分の為に、対応してくれるという信頼感。
  七国山の療養所に入院しているお母さんは、実はアタッチメント機能の「一部が欠損しており、その為に、メイトサツキは、トトロとネコバスに助けてもらう必要があった。

(続く)