お話しサロン

047087  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


昨夜の臨床ワーク・ディスカッション
投稿者/品川博二さん
投稿日/2021年8月12日(木)18:54


臨床ワーク・ディスカッション 210811 <ふりかえり>

臨床ワーク・ディスカッション(CWD)は、セルフケース検討会と異なり、予め事例提供者が居るわけではない。参加者各自が「いまーここで」の体験をモニタリングして、「なんとなく気になるXさん」(患者・その家族・同僚)をコミットメントすることから始まる。したがってCWDの話題提供者は、セルフケース検討会の事例提供者のように、講師のスーパービジョンを受けずに、「気になるXさん」を、グループでシェアリングしてもらうのである。
昨夜の話題は、あるナースとその上司との話題であった。その内容はこの場で明かすことはできないが、なかなか興味深いものがあった。私たちの人間関係は、なぜか「しっくりこない」「スッキリしない」「妙に意地をはってしまう」関係に、相互に無自覚な葛藤をぶつけ合っているようである。そして現象的な喜怒哀楽の体験の奥に、お互いに「切なくも、哀しい」人間関係の未解決課題を秘めていることに、少なくともCWDの話題提供者は、お気づきになったようにお見受けした。昨夜の参加者の皆さんも、それぞれの視点で、ご自分なりの気づきをもらったようである。
臨床ワーク・ディスカッション、講義を受けるだけの研修とは、格段に面白いですよ。次回は9月8日でお待ちしています。



ありがとうございました
投稿者/当事者ですさん
投稿日/2021年8月13日(金)22:13


なかなか言葉に難しく、答えも見えないたたかいの最中です。しかし、気持ちは沈んでばかりではありません。肯定的な関係に発展させていく、という希望が私にはあります。
諦めることも一つの方法ですが、諦めないこともまた、一つの方法です。