お話しサロン

056220  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


深層演技考
投稿者/観客席に座る私さん
投稿日/2022年5月26日(木)06:53


深層演技とは能動的な自己検討であると思う。

私は私という観客に見つめられた演者なのである。
ある事象において、私は「これから起こり得る変化」は頭の中にはなく、想像もしていなかった。
しかし、他者との事象の過程に互いの感情の協働作業でやがては自己の中に変化が訪れる。それは自己が想像していなかったけれども、これから起こってゆくであろう自己を肯定できる変化なのである。
それは行動形成法における、「今、私の頭の中に浮かぶシーンは」の準備状態を無自覚に掬い上げている状況なのかもしれない。そして、深層演技によって、自己も他者も肯定的相互性のおもいに包まれる、自己成長と対人関係の発展にほかならないのではないか。

私は今からこの人と関わることで、こうなろう、自分がこう思うことを期待しようとして、人と関わるわけではない。もし事象への思いがそれだけで終わったならば、それは表層演技である。
自分の感覚の引っかかりを拾い上げ、ある事象を手がかりに他者との交流の中に互いの変化を感じる。それは、気持ちのコラボレーションで起こるライブであり、観客席にいるのは私である。私たち援助者はいつもそのように関係している。
それを深層演技であると気づき、つまりどういうことであったか?と自己検討する観客席の私に余韻を残すのかもしれない。