お話しサロン

062398  [強化!:宣伝書き込みを減らす!] [携帯からアクセス] [検索]
題名
お名前
Mail アイコンサンプル
文字☆  削除用パス[4字以上]☆

☆注意☆
下の投稿への返信でいいですか?
間違ってたら、ブラウザで戻って下さいねー♪


肉屋にダイコンを買いに行く!?
投稿者/品川博二さん
投稿日/2022年9月9日(金)21:28


皆さん、明日の入門講座は、先日、このlineで話題に上った「肉屋にダイコンを買いに行く」というロールプレイ法の演習です。ロールプレイは、予めそれぞれの役割のポジションが決められており、その役割での即興(アドリブ)で、表層演技を演じるのです。すると、いつのまにか、各自が深層演技に自分を開示してゆくという、心理演習です。かってはケア・カウンセリング中級Aでの必修科目でした。今回は久しぶりにZOOMで出来る範囲でロールプレイを試みます。さあ、どうなるかな?

9月10日10時〜12時 飛び入り歓迎!
今日のロールプレイ!
投稿者/品川博二さん
投稿日/2022年9月10日(土)21:39


今日の入門講座「肉屋にダイコンを買いに行く」(ロールプレイ法)は、参加された方の中には、なかなか深い体験となったようだ。このロールプレイは、もともと、社会的役割関係が成り立たない状況を人工的に設定し、そこに無理な表層演技を強制された時、私たちがいかに反応するかの「社会心理の実験」である。
 協会にはまだ入会して間が無いAさんが肉屋を演じた時、ダイコンを買いに来たお客は、エキスパートの会員のBさんだった。
「うちは肉屋で、ダイコンは売ってません」と表層演技で対応するAさんに、
Bさんは「病気の家族が好物のダイコンをたべさせたい」と訴える。
Bさんの訴えはセリフも語調もとてもリアルで、「なんとかダイコンを工夫してあげたい」との切ない感情がAさんの胸に沸き上がったという。しかしながら、Aさんは「肉屋にダイコンはありません」と頑なな表層演技で応じてしまったという。ロールプレイが終って、オブザーバーをいれたシェアリングの時、Bさんに「自分の訴えを受け止めてもらえず悲しかった」と言われると、Aさんの胸に後悔の思いが駆け巡った。「私は、人の痛みを受け止められないのか!」
その瞬間、最近の不快な人間関係、そして過去の切ない対人トラブルが次々と思い出された。その時は、相手が悪い、酷い人たちだと思っていたが、あの対人トラブルを無自覚に演出していたのは、半分は自分の頑なな表層演技だったかもしれない?
頑なで不自然な表層演技を乗り越え、自分の深層演技を演じられたら、相手にも、自分にももっと自由な人間関係を生きることができたかもしれない。今日の「肉屋にダイコンを買いに行く」は、自分を見つめ直すまさに入門講座だったという。